胃膜肝膜酒解毒レシチン代謝医薬品【ノチラック

お電話でのご注文はフリーダイヤル 0120-034-244

お酒<アルコール>の解説

高活性レシチンとアルコール実験

"レシチン"の作用と適当な量の酒は善玉コレステロール(HDL)を増やします。又胃の働きを活発にし、胃液の分泌を促進いたします。

酒が過ぎると徐々に・・・こうなる傾向・・・・・・!

真逆の作用で脂肪は増加して習慣病へ、アンモニヤ・尿酸などの排泄にも影響します。"酒"を上手にコントロ―ルして、健康と幸せな生活を手に入れよう!!

わかっちゃいるけど・・・・

飲み過ぎ・食べ過ぎ・喫煙〜で血管の危険度が年々アップします。

ご愛用者の声として!!

・酒が旨い!

・楽しく酔える!

・悪酔いしない!

・酔いも早いが切れも早い。

・ガンマーが高かったが!

・目覚めスッキリ!

・飲めない酒で!

・脂肪・その他の数値!

吸収の良いレシチンは"高活性レシチン"と呼びます。

酒の悩み、胃弱の人は肝臓を鍛える・・・・・・と良い!!

二日酔いの悩み、胃腸が弱いと肝臓が病んでしまうと言う・・・・・その為!

"アルコールの毒"はスムーズにすることが重要なポイントで、肝膜が強ければ"酒はグゥ〜ンと"旨く感じるはずです。

"高活性レシチン"開発研究の第一人者!!

ドクターA氏からの"美酒と健康"への願い!!

お酒好きの方々へメッセージ!

  お酒は、冷たい「冷酒」に限るが「傷胃」となり。

  お酒は、燗酒で「熱酒」に限るが「傷肺」となり食道などに注意する。

毎日、旨い酒が飲みたいのであれば、酒量と体調を考えて!!

それでも"飲まなきゃならない酒"であれば、過信をせずに"毎回、肝臓を労わり"この効き目を実感してほしいと思う!!

■ノチラックとアルコール

アルコール・脂肪など"肝臓"を気にする人に愛用されて40年・・・!!

お酒には、クドクド難しい説明よりも効き目と安全性が大切ですかね!!

肝細胞の膜構成成分でアルコールから肝臓を守る!!

肝膜の庇護とは、肝臓をかばい守ることを意味する言葉です。

(東京慈恵会医科大学)

この図は、ノチラックの主成分ポリエンホスファチジルコリンをラットに3日間投与して、大量のアルコール(5g/kg)を飲ませて血液中のアルコール濃度の推移を、与えない対照群と比較したものです。

血液中からアルコールが完全になくなるまでの時間は、対照群が10時間も要しているのに対し、ノチラック主成分の投与群では僅かに4時間です。

ノチラック主成分の投与群では、アルコールの吸収も極めて速やかで、しかも 血中からの消失も速やかです。

解説;ノチラックを服用した場合では、肝膜が活発になるためにアルコールの吸収・解毒が速やかになる。楽しく酔えても明日に残らないは、酒飲みにとっては心強いこと!!より健康に注意して適量を呑むが、過ぎてしまった酒と体調によっては、酒を飲む前と就寝前に服用すれば更に効果的・・・・・と愛用者は言ってくれます。

 

上記の情報にもとづくご相談は、0120-034-244にて受け付けます。

上へ

【ノチラック】

300カプセル/50日分

13,440円(税込み)

数量

【ノチラック】商品情報

よくあるQ&A

まずはお気軽に

お問い合わせ下さい。

お問い合わせ

0120-034-244

経験豊かな薬剤師が

お答え致します。